通勤:選択肢としての映像

前回の通勤のお供の続きです。

現実逃避?の方法のひとつが、テレビ番組を見ること。ただし、ネットでつなげるのは不安定ですし、私のように格安SIMでつないでる人のとっては映像のダウンロードは基本的には論外ですから、ファイルをダウンロードする形が基本となります。

そのために愛用しているのが、DLNA/DCTP-IPプレイヤー、MLplayerDTVです。私の自宅にはパナソニックのDIGAがあり、これで普通にテレビ番組を録って、それを「持ち出しファイル」に変換します。この持ち出しファイルをMLplayerDTV経由でスマホに保存し、通勤時に見ています。うちのDIGAは11年秋に買ったものですが、それでも普通につながります。

持ち出しは便利ですが、それなりに制限があります。まず、画質がSD画質に落ちます。次に、スマホにダウンロードした時点で、コピー回数がカウントされます(持ち出し番組を作る時点ではありません)。さらに、このダウンロードしたファイルは、HDD等に退避はできるのですが、ダウンロードしたそのスマホ(あるいはタブレット)でしか再生できません。

つまり、コピーワンスである、スカパー!から録ったものは、最終的にHDのままブルーレイで保管するか、SDに落としてスマホかタブレットで見るかの二者択一を迫られます。これは、通勤のお供程度に軽く見るものかどうか?で決まるのかもしれません。もっとも、私の機種は2番組同時録画が可能(同じ番組x2でもOK)なので、同じ番組をひとつは本体に、ひとつはHDDに同時に録る、という手はありますが。

なお、DCTP-IPプレイヤーを自宅のMacに入れようとは思いません。理由は単純で、自宅でテレビを見られるのは他の家族が寝ている早朝に限られ、従ってわざわざテレビのない部屋で見る必要がないからです。

ただ、StationTVLinkというソフトはそれに近いことはできるようです。ただし、見るだけで、保存や持ち出しはできません。公式のお試しソフトを入れてみましたが、見られるのは本体に入っているDR画質だけのようです(SP画質や、外付けHDDのDR画質は試聴不可)。

HD画質で外に持ち出したければ、単純にブルーレイに落として、Windowsパソコンか、ブルーレイプレイヤーで見るしかなく、今のところ、通勤でわざわざそこまでするニーズはなさそうです。